【トレンド速報.COM】

芸能・ニュース・事件・事故・TV番組・趣味・ゲームアプリ・イベント情報・スポーツ・自然災害・海外ニュースまで最新のトレンドニュースをどこよりも速くお届け!!

【滝沢カレン 障害のウェルニッケ失語は笑えない!】日本語はわざとじゃない可能性

滝沢カレンさんと言えば、ちょっと変わった日本語を発言することから、障害?ウェルニッケ失語では?わざと変な日本語で喋ってる?とネット上で笑えない憶測が出ているようです。

ウェルニッケ失語という障害は何なのでしょうか?
もし、滝沢カレンさんが、ウェルニッケ失語ならあの日本語もわざとではなく笑えない障害であると言えます。

今回は、滝沢カレンさんの喋る日本語について噂されているウェルニッケ失語という障害とは何か調べてみました!!

【スポンサードリンク】

【滝沢カレン 障害のウェルニッケ失語は笑えない!】日本語はわざとじゃない可能性

 

滝沢カレン(たきざわかれん)

生年月日:1992年5月13日
出身地:東京都
血液型:AB型
身長:170cm
スリーサイズ:81-58-85cm
カップ:B-C(推定)
所属:スターダストプロモーション

ファッションモデル、タレント

父がウクライナ人、母が日本人のハーフ

2008年に雑誌『SEVENTEEN』のモデルオーディション「ミスセブンティーン2008」でグランプリに選ばれ、同年より専属モデルとして活動を開始。

2009年公開の映画『ROOKIES-卒業-』に、購買部マドンナ役で女優デビューを果たしています。

2011年3月、高校卒業と同時に『SEVENTEEN』を卒業。
2011年4月より、『JJ』の専属モデルとなっています。

 

【スポンサードリンク】

滝沢カレンのおもしろい日本の発端は?

 

滝沢カレンさんの日本語の発言について、『障害?』『ウェルニッケ失語では?』『わざと変な日本語で喋ってる?』と話題になった発端は、2015年6月2日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ)に初出演した時です。

滝沢カレンさんは度々話の筋が見えない発言をしたため、他の出演者から「何歳から日本で暮らしているのか?」などと質問され、MCの明石家さんまさんからも強烈なツコッミをいれられていました。

滝沢カレンさんは父がウクライナ人、母が日本人のハーフで、子供のころは海外で暮らしていたからこのような日本語を喋るのだと思われた上で共演者から上記のような質問をされたようです。

しかし、滝沢カレンさんは海外で生まれ育った帰国子女ではなく、日本生まれの日本育ちです。

そして、滝沢カレンさんのおもしろい発言が功を奏したのか、初登場ながら「踊る! ヒット賞」を獲得しています。

滝沢カレンさんは、この初登場となったさんま御殿出演以降は各種バラエティ番組で出演する機会が増えたようで、ダウンタウンDX始め様々な番組に登場され活躍されています。

2015年9月8日には『踊る!さんま御殿!!』に再出演されており、その放送でも相も変わらず独特なおもしろい日本語炸裂でMCの明石家さんまさん始め、出演者を困らせていました。

ある意味、滝沢カレンさんの独特のおもしろい日本語はチャームポイントと言ってもいいでしょう…
でも、一部では『ウケ狙いでわざとおもしろい日本語を使っているのでは?』との声も上がっています。

 

そんな滝沢カレンさんが過去に出演したバラエティー番組で発言したおもしろい日本語とは…

「ボワボワした人が好き」

「ざっくばらんに肌洗ったり」

元カレはストーカーになると確信に得ていた

「ロマンスカーに乗り遅れないくらいの俊足」

「そこには外に洗濯物を干す踊り場がない」

「友達にそういう観念のひとはいなくて」

「元カレからすごいやばいメールさんが届いた」

「元カレはほんとにすごかった!携帯のアドレス帳に一つでも男の名前があったら死刑の日みたいな」

 

 

…etc

なんというか、表現の仕方がや言葉の使い方独特というのかなんというのか…

1回聞いただけでは『ん?』と思ってしまう発言の数々ですね。

 

滝沢カレンの日本語はわざじゃない?

 

あまりに独特すぎておもしろい発言を連発する滝沢カレンさん。

この日本語はわざとではないんでしょうか??

 

滝沢カレンさんは過去に、

ROOKIES-卒業-(2009年)購買部マドンナ 役

マリア様がみてる(2010年)佐藤聖 役

仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!(2012年)エリーヌ須田 役

上記3本の映画に出演されています。

しかし、3本の映画共にセリフはハッキリ喋っていて、独特なおもしろい日本語は出てきません。

映画には台本がありますし、自分勝手な発言は基本できませんからね…。

しかし、滝沢カレンさんが人気バラエティ番組「モシモノふたり」に出演した際、同居相手である井戸田潤さんに対しては、いつものおもしろい日本語で喋っていたので、わざとではない可能性が高いでしょう。

 

母親のロシア語の通訳が影響した?

 

父がウクライナ人、母が日本人のハーフで一人っ子として育った滝沢カレンさん。

上にも書いたように、日本生まれの日本育ちで外国で暮らしたことは1度もありません。

では、なぜ生まれも育ちも日本の滝沢カレンさんはおもしろい日本語を使うのか…疑問に思いますね。

一体誰の影響なのでしょうか??

父親がウクライナ人なので、父親の影響でおもしろい日本後語になったのでは?と考えてしまいがちなのですが、どうやら日本人である母親の影響が強いのかもと思われているそうです。

 

 

母親の宮沢さゆりさんも娘の滝沢カレンさんと同じく日本人なのになぜ日本語が変なんだそうです。

その理由として、母親の宮沢さゆりさんはロシア語の通訳をしており、滝沢カレンさんが子供の頃から母親と一緒に行動していたときに、母親が話すカタコトの日本語を聞いていたことが原因となっているようです。

 

ウェルニッケ失語症という障害とは…??

 

滝沢カレンさんの日本語がネット上で噂される『障害』や『ウェルニッケ失語』だったならわざとではなく、笑えないことになってきそうですが…

もしあの日本語が障害なら、そのウェルニッケ失語症とは何なのでしょうか??

ウェルニッケ失語は別名“感覚性失語”とも言われているようです。

ウェルニッケ失語症とは、話し方は滑らかですが、言い間違いが目立つ発話で、聞いた言葉が理解できなくなる失語症のことです。
失語症の中でも、ブローカ失語症以上に中核的な失語症とみなされています。

ウェルニッケ失語症の特徴は下記の2つがあります。

 

・言葉が理解できなくなる
・話す言葉が崩れてしまう

 

この『言葉が理解できなくなる』、『話す言葉が崩れてしまう』という2つの特徴には共通して何らかの心理過程の障害があると考えられているそうです。

最も有力な仮説として、単語を聞いて理解する際に必要な単語の聴覚性記憶心像が壊れてしまうというものです。

またそんな単純なものではなく、もっと複雑でダイナミックな心理過程の障害が関わっているという説もあります。

言語活動は、思いを口に出す言葉に変えたり、耳で聞き取った言葉を思いに変えたり、というものの繰り返しです。
ウェルニッケ失語症はいずれかの過程に依存して、働きが障害されていると考えられています。

もし、滝沢カレンさんのおもしろい日本語が障害でウェルニッケ失語症なら、わざとしている発言ではない為、笑えなくなってしまいますね…

 

まとめ

 

滝沢カレンさんの独特な日本語に対して、

『ウェルニッケ失語症という障害ではないか?』

『わざと喋っているのではないか?』

と噂されていますが、滝沢カレンさん自身は障害もウェルニッケ失語症も語っておらず真実はわかりません。

でも滝沢カレンさんのチャームポイントとも言われており、バラエティー番組にはひっぱりだこのようです。

でも、障害やウェルニッケ失語症ならあまり笑えないですね…(;^_^

【スポンサードリンク】

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

    -芸能
    -, , , , , ,