【トレンド速報.COM】

芸能・ニュース・事件・事故・TV番組・趣味・ゲームアプリ・イベント情報・スポーツ・自然災害・海外ニュースまで最新のトレンドニュースをどこよりも速くお届け!!

【武藤まき子が死去!死因の虚血性心不全とは?】独身ではなく夫も娘もいた!

とくダネ(フジテレビ)などの情報番組の朝の顔として活躍していた、武藤まき子(むとうまきこ)さんが虚血性心不全により死去されました。

5日に体調不良を家族に訴え、自宅で横になっていたところ、午後に悪化しそのまま亡くなったそうです。
最期は家族(夫、娘)に看取られながら…だったそうです。

武藤まき子さんの突然の死去の死因は虚血性心不全と言われています。

今回は、武藤まき子さんのプロフィール、独身ではなく家族がいたことや、死因となった虚血性心不全がどのような病気なのか調べてみました!!

【スポンサードリンク】

【武藤まき子が死去!死因の虚血性心不全とは?】独身ではなく夫も娘もいた!

 

12月7日放送のとくダネでは番組が始まったと同時に速報として、司会の小倉智昭キャスターが「とくダネ!の出演者、スタッフにとっては非常に悲しい出来事がおこりました」と武藤まき子さんの訃報を伝えました。

武藤まき子さんは、フジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜午前8時)などで活躍した人気リポーターで「おまきさん」の愛称で親しまれた方です。

番組では過去の武藤まき子さんの過去のリポート映像が流され、とくダネのスタジオ内は悲しみにくれました。

 

%e6%ad%a6%e8%97%a4%e3%81%be%e3%81%8d%e5%ad%90武藤まき子(ムトウマキコ)(71)

生年月日:1945年11月30日
出身地:山梨県
学歴:青山学院大学
芸能リポーター、元中国放送アナウンサー

 

武藤まき子さんは青山学院大学卒業後、中国放送に入社し、アナウンサー専門職として活動しました。
結婚を機に、中国放送を退社しフリーに転身。
1982年4月1日、『おはよう!ナイスデイ』の開始に伴い、芸能リポーターとしてフジテレビと専属契約します。
以降、フジテレビならびにFNS系列局のワイドショー、情報番組に出演し、主に、芸能、歌舞伎、皇室を担当しましたが、事件事故などのリポーターなど幅広い分野で活躍しました。

また、リポーター業に留まらず、ドラマ(連続テレビ小説『君の名は』)や、映画(美味しんぼ)に出演したり、著書や連載などでも活躍していたことがあります。

 

武藤まき子は独身ではなく結婚していた!

 

朝の顔として一時期は見ない日が無いと言うくらい多忙だった武藤まき子さんは、ずっと独身だと思っていた方も多いようですが、最期は家族に看取られながら…とあるように、結婚していて夫も子供(娘)もいたことがこの度わかりました。

子供が幼い時にはきっと多忙で家族との時間もさほど取れなかったことでしょう…晩年は少しでも長く家族と過ごせた時間があったことを願います。

 

【スポンサードリンク】

突然死…虚血性心不全とは?!

 

12月5日の午前に体調不良を訴え、そのまま午後には亡くなってしまった武藤まき子さん…
たった1日で…あまりにも急な突然死だったことがわかりますね。

武藤まき子さんの死去の死因となった虚血性心不全とは、

心臓は1日に約10万回も収縮・拡張を繰り返し、全身に血液を送り出すポンプの役割をしているのはご存じだと思います。
この収縮・拡張する心臓の筋肉(心筋)に、酸素や栄養を含む血液を送り込んでいるのが、心臓のまわりを通っている冠動脈という血管です。

虚血性心疾患とは、この冠動脈が動脈硬化などの原因で狭くなったり、閉塞したりして心筋に血液が行かなくなること(心筋虚血)で起こる疾患です。

心筋虚血により心筋の収縮力が弱まると心不全状態になります(虚血性心不全)。
また心筋虚血により心室細動など致命的な不整脈を引き起こすことがあります。

 

最近では、今年の4月に亡くなられたお笑い芸人の前田健さんも虚血性心不全と診断されています。
武藤まき子さんと同じく、体調不良を訴えてからの突然死でした。

 

虚血性心疾患の原因は?前田健も同じ死因だった

 

虚血性心疾患の原因はとなる、三大危険因子は高血圧、糖尿病、高脂血症(総コレステロールや中性脂肪の高値)であり、これに喫煙、肥満、食事、運動不足、情動ストレスなどが加わるとされています。

生前に自覚症状があった場合は、診断後の治療によって病変の進行はある程度食い止めれれる可能性も…

誰にでも起こりうる、とても怖い病気だとわかりますね。

 

市川海老蔵がブログで武藤まき子の死去を慎む

 

歌舞伎役者の市川海老蔵さんも自身のブログを更新し、武藤まき子さんの死去について語っています。

『武藤まき子さん』というタイトルで更新されたブログには、

子供のころからブラウン管を通して、武藤まき子さんの姿を拝見していたことが綴られ、

 

私が武藤さんの事を記事にするのは初めてです。

麻央さんを支える海老蔵も今年の顔、
遺稿になってしまった、、、

麻央さんを支える海老蔵も今年の顔、
この見出し嬉しかったよ。

誰にもわからない戦いを武藤さんは
感じてくれてるのだなと、
嬉しかった。

揚げ足取りのような記事が錯乱する中
嬉しかった、
しかし
嬉しいものだけを、取り上げるわけにも行かぬ
世知辛い世の中、

あえてこのタイミングで
感謝を述べます。

 

と、お悔やみと同時に感謝の気持ちを綴っています。

この市川海老蔵さんのブログの内容から、武藤まき子さんの人柄が伺い知ることが出来ますね。
揚げ足取りの内容を取り上げるリポーターなどではなく、真実を伝えるリポーターであることがわかります。

 

*まとめ*

 

『おまきさん』の愛称で親しまれた武藤まき子さん。
朝の顔として笑顔で元気ハツラツにリポーターを務める彼女の姿を思い浮かべる方は多いと思います。

あまりにも突然な死去に驚きを隠せませんが、死因となった虚血性心不全は誰にでも起こりうるとても怖い病気であることがわかりますね。

最期は、家族(夫、娘)に看取られながら亡くなったそうです。
あまりに突然の別れとなって悲しみが募りますね…

心よりご冥福をお祈りします。

【スポンサードリンク】

★関連記事★

★関連記事★

-芸能, TV番組
-, , , ,