【トレンド速報.COM】

芸能・ニュース・事件・事故・TV番組・趣味・ゲームアプリ・イベント情報・スポーツ・自然災害・海外ニュースまで最新のトレンドニュースをどこよりも速くお届け!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

【阿蘇山噴火を市川海老蔵が体感で予知?ブログ】熊本地震の前も体調不良(腹痛)で動けず!

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが10月8日に自身のブログをアップし、阿蘇山の噴火を体感で予知したのでは?と話題になっています。

10月8日の午前1時46分ごろ、阿蘇山(熊本県)の中岳第1火口で爆発的噴火が発生しました。
阿蘇山の噴火は36年ぶりの噴火です。
そして高さ1万1千メートルに達する噴煙を観測したのは過去20年では最高の高さです。

阿蘇山の警戒レベルは3に引き上げられ、阿蘇市周辺では広い範囲で火山灰が降っており、降灰の影響とみられる停電が一時発生。
九州電力によると約1600戸が停電したそうです。

 

【阿蘇山噴火を市川海老蔵が体感で予知?ブログ】熊本地震の前も体調不良(腹痛)で動けず!

 

市川海老蔵さんは、現在地方で歌舞伎の巡業中で昨日博多に到着し、熊本に移動したそうです。

 

古典への誘い(熊本)2016年10月08日 - 2016年10月11日
会場:八千代座

開演時間:
昼の部 13:00

夜の部 17:00
※10/9,11は昼の部のみ

歌舞伎十八番の内
勧進帳(かんじんちょう)

 

『4月の京都での体調不良』というブログタイトルで10月8日の午前8時すぎに市川海老蔵さんが更新された記事には、

 

4月も腹痛が突然襲ってきて

悶絶した記憶が

3時間ほど動けずにいたんです。

その後 大きな地震がありました。

昨日も福岡では普通でしたが熊本についてから

急に体調不良になり

うごけなかったんです。

これは偶然なのかしら…

と朝から悩まむ、

私の場合 おとといまで元気だったので急にきたから尚更

大地の変化?
ナマズ的な能力がもしかしたらあるのかもしれない、

なーと思って過ごす朝でございます笑

なんなんだろ、

ふと思った事を綴りました。

悪しからず、

 

と言う市川海老蔵さんの不思議な体験の内容でした。

 

4月の熊本地震が起きる少し前、市川海老蔵さんは仕事で京都に滞在していたそうです。
その際に急に腹痛に襲われ、3時間ほど悶絶し動けない状態だったそうです。
そして震度7の熊本地震が発生したそうです。

市川海老蔵さんは10月6日の広島での地方巡業を終え、博多へ…その博多では体調不良は無かったそうですが、次の巡業地である熊本に移動後、急に体調不良になり動けなくなったそうです。
そして、10月8日の午前1時すぎに熊本県の阿蘇山が36年ぶりに噴火…

4月の熊本地震、本日の阿蘇山噴火でこれは偶然なのか、大地の変化で体感予知が出来ると言われているナマズ的な能力があるのかと思ったそうです。

 


 

【スポンサードリンク】

ナマズには、地震などの天変地異の予知能力がある?!

 

最近動物の異常行動と地震との間に関連があるとの研究が進んできています。
1995年の阪神大震災や、2011年の東北の大震災に関係して、動物や植物、電化製品などの異常現象(宏観(こうかん)異常現象の可能性有り)が数多く報告されました。
そして、これらの異常現象は地震活動に伴う電磁気的な異常変化が関与している可能性があるとして注目されています。

日本では、
「地中の巨大ナマズが怒れば地面が揺れる」
と、古くからナマズと地震との関係には因縁ようなものがあります。
ナマズと地震の俗信が生まれたのは江戸時代の初期頃、人口の多い江戸で地震の被害が大きくなるとともに、ナマズの不思議な行動と地震との関係に関する言い伝えが生まれたようです。
江戸時代末期には世間一般に信じられていたようで、現在でもその伝説に基づく民話が残されています。

一般的に動物を刺激する要因は、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚、温度覚、痛覚、振動覚、平衡覚、電気覚などの感覚を刺激すると考えられており、市川海老蔵さんのように人間の中には普通より過敏に反応してしまう方もいるようです。
これらを刺激する現象が地震に先行して発生していることが考えられますが、いまのところそれらの現象に関しては明確に示されるに至っていないのが現状です。
しかし、情報の少ない中において、現在、動物を刺激する要因としての最有力候補は、帯電エアロゾルとパルス状の電界変動などが考えられており、科学的な研究が始められています。
もちろん様々な要因が複合して刺激を与えている可能性も考えられています。

ナマズは電気に非常に敏感であることから、ナマズの行動量との対比を試みた結果、地中の電気的な変化(パルス状の電界変化)が激しい時にナマズの行動が活発という可能性があることが解ってきたようです。
特に1992年2月2日の東京湾で発生したM5.9の地震の一週間程前に電磁波のパルス数とナマズの行動量の増加が認められ、地震との関係が疑われています。

今回、市川海老蔵さんがブログに書かれたように市川海老蔵さんもナマズと同じく予知的なものを持っているのかも知れませんね…
市川海老蔵さんに限らず、気圧の変化などの体感で地震予知をしている方のブログをよく見かけます。

 

*まとめ*

 

現在は、市川海老蔵さんの体調不良と阿蘇山の噴火の因果関係を書いて体調の心配がされましたが、現在は体調も戻りいつも通り温泉に入れるまで元気になったそうです。

しばらくは、阿蘇山の噴火の影響が心配されますが、少しでも早く収束し1日でも早く元通りの熊本、阿蘇山に戻ることを心よりお祈りいたします。

 

市川海老蔵&小林麻央の関連記事

*市川海老蔵&小林麻央の関連記事*

【小林麻央・乳がんについての記事一覧

 

【スポンサードリンク】

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

    -芸能
    -, , , , , ,