【トレンド速報.COM】

芸能・ニュース・事件・事故・TV番組・趣味・ゲームアプリ・イベント情報・スポーツ・自然災害・海外ニュースまで最新のトレンドニュースをどこよりも速くお届け!!

【飯田祐馬 清水富美加との不倫で処分は?】KANA-BOON(カナブーン)活動休止や解散も?

女優の清水富美加(しみずふみか)さんのゲス不倫の相手だったロックバンドAのメンバーはKANA-BOON(カナブーン)のベース・飯田祐馬(めしだゆうま)さんであることが明らかになりました!!

KANA-BOON(カナブーン)の飯田祐馬さんは、すでに結婚しており既婚者であることを公に公表しておらず、清水富美加さんとも結婚していることを隠しゲス不倫をしていたようです。

1月21日にKANA-BOON(カナブーン)の飯田祐馬さんの所属事務所が今回の件についてコメントを発表し、処分は今後検討されるそうです。

KANA-BOON(カナブーン)活動休止や解散もあり得るかもしれません…

【スポンサードリンク】

【飯田祐馬 清水富美加との不倫で処分は?】KANA-BOON(カナブーン)活動休止や解散も?

 

宗教法人「幸福の科学」に出家した女優清水富美加さんの騒動はまだ収まりそうにありませんが、出家後の名前である千眼美子名義で2月17日に出版した著書「全部、言っちゃうね。」で、出家にあたり「悩みの種だった好きな人も忘れました」と過去に交際男性との失恋を伺わせる内容をつづっていました。

その交際相手は、結婚しているものの既婚者であることを清水富美加さんに隠して交際し、交際後に既婚者であることを明かしたそうで、清水富美加さんは揺れ動く気持ちの中で交際は続くも、昨年春には別れてしまったそうです。

清水富美加さんとゲス不倫をしていた元交際相手はロックバンドのメンバーAであることがわかっていました。

現在のところ、清水富美加さんの不倫してであるロックバンドのメンバーAについてわかっている内容としては…

・清水富美加とAは2014年に番組で共演している。
・大型音楽フェスでヘッドライナーを務めたことがある。
・若者を中心に支持を広げている人気ロックバンド。
・近年、映画の主題歌も手掛ける。
・音楽番組で目にする機会も多い。
・既婚者だが公に公表していない。

その清水富美加さんとゲス不倫をしていた元交際相手はロックバンドのメンバーAとは誰なのか…様々な憶測を呼びました。

清水富美加さんは、2014年に『スペシャルエリア』という音楽番組に出演されています。

その時のゲストで男性ロックバンドを調べてみたらざっと下記バンドが当てはまります。(全部ではありません。)

9mm Parabellum Bullet、キセル、スキマスイッチ、plenty、きのこ帝国、SAKANAMON、Scoobie Do、在日ファンク
The Shower Club(サイトウ“JxJx”ジュン(YOUR SONG IS GOOD)、川上洋平([Alexandros])、ROY(THE BAWDIES))
KANA-BOON、OKAMOTO'S、THE ORAL CIGARETTES、MONKEY MAJIK、モンゴル800、The Flickers、
flumpool、GRAPEVINE、NICO Touches the Walls …etc

OKAMOTO'S、Alexandros、yasu、KANA-BOON…と条件に当てはまるバンド名がネット上で出てきていました。

そして、元交際相手はロックバンドのメンバーAは、「KANA―BOON(カナブーン)」のベーシスト、飯田祐馬(めしだゆうま)さんであることが特定されました!!

(画像:一番左がベースの飯田祐馬さん)

KANA-BOONのメンバーも全員結婚の情報は公にありません。

 

KANA―BOON(カナブーン)

谷口鮪:Vo/Gt
古賀隼斗:Gt/Cho
飯田祐馬:Ba/Cho
小泉貴裕:Dr

谷口鮪(ボーカル)、古賀隼斗(ギター)、小泉貴裕(ドラムス)の高校の同級生だった
3人に飯田祐馬(ベース)を加えた4人組。

12年に音楽オーディションでグランプリを受賞。
13年9月にシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー。
メジャーでシングル10枚、アルバム3枚を発売。
オリコン最高位はアルバム「DOPPEL」(13年10月)の3位。

飯田祐馬(めしだゆうま)

生年月日:1990年6月27
出身地:大阪府
身長:165cm
体重:53kg

現メンバーの中で唯一の非オリジナルメンバーで、通っていた高校も別だった。
演奏は基本的にピッキングで行うが、『talking』では指弾きを披露している。
KANA-BOONのマスコットキャラである「アサヒレン」の生みの親。
「アサヒレン」という名称は同盟バンド『コンテンポラリーな生活』のVo/Gt朝日廉に由来する。
苗字自体は本名だが「めしだ」という読み方は芸名である。
初めて買ったCDは『君という花』(ASIAN KUNG-FU GENERATION)。
最も影響を受けたアーティストは直井由文(BUMP OF CHICKEN)。
高所恐怖症、蟹アレルギー持ち。

 

KANA-BOONは、2016年に映画『グッドモーニングショー』の主題歌を手掛けており、「マグロック2016」&「フジソニック2016」でヘッドライナーを務めています。

KANA-BOON(カナブーン)の飯田祐馬さんの所属事務所は、

「本人は清水さんに対して本当に申し訳ないことをしたと深く反省している。どんな処分でも受けると言ってます。今回の件については奥さんとも十分に話し合い、2人の間でも解決したとは聞いています」

とコメントを出しています。

KANA-BOON(カナブーン)の飯田祐馬さんは清水富美加さんとすでに破局したとはいえ、清水富美加さんが仕事や今までの友人関係を断ち切り、突然出家という行動に出た、今回の騒動の一つの要因が自分自身の不倫にあったかもしれないことに責任を感じたようで、所属事務所側に全てを明かしたそうです。

また、結婚相手である嫁(妻)にも、清水富美加さんと過去に交際していたことを打ち明けたそうです。

結婚相手である嫁(妻)もさぞかしショックでしょうね…

 

【スポンサードリンク】

KANA-BOON(カナブーン)の処分は?活動休止や解散も??

 

KANA-BOON(カナブーン)の飯田祐馬さんと清水富美加さんのゲス不倫…。
すでに破局しているとはいえ、今回の清水富美加さんの一連の騒動の発端となった可能性も十分考えられます。

ゲス不倫と言えば、昨年のタレントのベッキーとロックバンドのゲスの極み乙女。のボーカル川谷絵音さんですね。

ベッキーは仕事が一時期レギュラー番組が0になるなどの影響が出た上数か月間活動を休止していました。
ゲスの極み乙女も、しばらくは活動を続けていましたが、川谷絵音が再び交際女性と未成年飲酒の騒動を起こし、活動を自粛する運びとなりました。
また、所属事務所との契約も終わり事実上解散といった状態になっています。

今回のKANA-BOON(カナブーン)の飯田祐馬さんにはどんな処分となるのでしょうか…

所属事務所は、
「今後のKANA-BOON(カナブーン)の活動などに関しては協議中」
とし、近く処分などの対応を発表する見通しのようです。

KANA-BOON(カナブーン)の飯田祐馬さんと清水富美加さんはすでに別れており、2人の中ではすでに終わっている話の為、処分に出るとしてもKANA-BOON(カナブーン)事態の活動には大きい影響はなく、解散まではいかないと思われます。

 

まとめ

 

清水富美加さんのゲス不倫の相手であるロックバンドメンバーのAは、KANA-BOON(カナブーン)の飯田祐馬さんであることが判明しました!!

KANA-BOON(カナブーン)の飯田祐馬さんの処分は検討中のようですが、最悪でも活動休止で解散まではいかないと思います。

KANA-BOONのファンはショックでしょうが、一番のショックを受けているのは飯田祐馬さんの嫁(妻)ですよね…(;^_^A

清水富美加さんも最初は騙されていたとはいえ、既婚者であることがわかってもしばらくは好きな感情を抑えられずしばらく交際は続いたようですし…
まぁ、騙していた飯田祐馬さんが一番悪いのですが…。

教団側は「本に書いてあることが全てです」と不倫関係については否定も肯定もしていないようです。

 

清水富美加の関連記事

*清水富美加の関連記事*

【清水富美加の関連記事一覧はコチラ】

 

【スポンサードリンク】

-芸能
-, , , , , , , , ,