【トレンド速報.COM】

芸能・ニュース・事件・事故・TV番組・趣味・ゲームアプリ・イベント情報・スポーツ・自然災害・海外ニュースまで最新のトレンドニュースをどこよりも速くお届け!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

小林麻央ががんで死去の黒木奈々さんへの思いをブログKOKOROに投稿!

現在、進行性乳がんで抗がん剤治療で闘病中の小林麻央さんが、9月30日にブログKOKOROを更新し、同じセントフォース事務所に所属し、2015年にがんで死去したフリーアナウンサーの黒木奈々さん(享年32歳)への思いを投稿しました。

 

黒木奈々さんは2014年に胃がんを公表し、1年後の2015年に死去されています。

黒木奈々さんのがんと、若い人はがんの進行が速いとされる原因を調べてみました!!

【スポンサードリンク】

小林麻央ががんで死去の黒木奈々さんへの思いをブログKOKOROに投稿!

 

フリーアナウンサーの黒木奈々さんは、小林麻央さんと同じ1982年生まれで、同じ上智大学出身。同じセントフォースに所属のフリーアナウンサー…

くしくも同じ病気のがん…

 

通じるところが沢山ある為、小林麻央さんは黒木奈々さんのことを思ったそうです。

 

%e9%bb%92%e6%9c%a8%e5%a5%88%e3%80%85

黒木奈々(くろきなな)(享年32歳)

生年月日:1982年11月12日
没年月日:2015年9月19日
法名:釋光蓮
出身地:鹿児島県鹿児島市
身長:172cm
学歴:上智大学外国語学部フランス語学科卒
所属:セント・フォース

フリーアナウンサー

 

黒木奈々さんは、小学生時代からアナウンサーを目指し、鹿児島県立鶴丸高等学校を経て、女性アナウンサーを多く輩出しているという理由で上智大学外国語学部フランス語学科に進み卒業します。
在学中に1年間フランスに留学しています。

中学では軟式テニス部、高校では硬式テニス部に所属しキャプテンを務めたこともあり、大学入学直後から、フジテレビのアナウンススクールに通い始めます。

アナウンサー採用試験のために1年留年して臨んだものの在京キー局・地方局すべて落ちてしまい、報道記者枠で2006年4月に毎日放送(MBS)へ入社しますが、2007年に退社。
2007年4月よりクリエイティブ・メディア・エージェンシー(CMA、現在のキャスト・プラス)に移籍し、TBSニュースバードのニュースキャスターになりました。
2010年3月にCMAを退社し、同年8月にセント・フォースに移籍しました。

 

【スポンサードリンク】

急性胃潰瘍で倒れ、その後胃がんと診断される。

 

2014年(平成26年)7月27日、急性胃潰瘍でレストランで倒れそのまま緊急入院。
その時は、同年8月18日に復帰しましたが、検査の結果、がんが見つかり同年8月27日放送分以降休養することになります。
同年9月10日に胃癌を患っていることを公表し、9月19日に開腹手術で胃の全摘出を行います。
手術は無事成功し、がんが他に転移していないことを公表します。

 

がんがリンパ節へ転移、その後自宅で死去。

 

その後仕事復帰しますが、2015年7月の定期検査でがんのリンパ節への転移が判明し、8月上旬に東京都内の病院に再び入院しその後自宅へ戻ります。
2015年9月19日午前2時55分(日本時間)、最期は都内の自宅で両親に看取られたながら胃がんで死去しました。

黒木奈々さんの死去の事実は同日中に所属事務所のセント・フォースから報道各社にFAXで伝えられました。
通夜ならびに葬儀・告別式は、黒木家とセント・フォースとの合同葬で青山葬儀所にて執り行われました。

2014年のがんが発覚してから、1年後の死去で、がんの進行がとても速かったのが伺いしれますね…

 

なぜ、若い人のがんの進行は早いのか…

 

黒木奈々さんは2014年夏にがんが見つかり、2015年秋に死去されています。

約1年の闘病生活でした。

享年32歳でした。

あまりに早すぎる死に、テレビニュースやワイドショーでも取り上げられ話題になりました。

 

小林麻央さんも、2年前に乳がんがみつかり、脇にしこりも発覚。

現在は肺と骨に転移していることをブログKOKOROで明かしました。

肺や骨のがんの転移は、ステージ4の末期がんと推測されています。

 

若い人はがんの進行が速いとよく言われていますね…

しかし、結論から言うとこれは誤りなんだそうです。

がんの進行が速いかどうかは、がんができた部位と、がんのタイプによるそうです。
例を挙げると、肺がんなどは比較的進行が速いと言われ、対して乳がんなどはゆるやかに進行していくとされています。

そして、がんには「低分化腺がん」という、がん細胞が散らばった状態でできるものと、「高分化腺がん」と、まとまった状態でできるものとがあり、前者の「低分化腺がん」の方が進行が速いそうです。

年齢そのものによって、がんの進行速度が変わることはないんです。

黒木奈々さんは、残念ながらがんが発覚してから1年という短い闘病生活でしたので、「低分化腺がん」だったことが推測されます。

若い人はがんが進行されやすいよ言われる原因として、若い人には「低分化腺がん」ができやすいという傾向があり、これが元となって俗説が広まった可能性があるそうです。

 

*まとめ*

 

小林麻央さんと黒木奈々さん…
同じ1982年生まれのまだまだお若い2人…
がんは本当に怖いですね…

小林麻央さんは2年がんの闘病生活を送っていますが、ポジティブに前向きに戦っておられます。
頑張っていただきたいです。

 

市川海老蔵&小林麻央の関連記事

*市川海老蔵&小林麻央の関連記事*

【小林麻央・乳がんについての記事一覧

 

【スポンサードリンク】

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

    -芸能
    -, , ,