【トレンド速報.COM】

芸能・ニュース・事件・事故・TV番組・趣味・ゲームアプリ・イベント情報・スポーツ・自然災害・海外ニュースまで最新のトレンドニュースをどこよりも速くお届け!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

【島木譲二 死去!病名の脳溢血とは?】現在は入退院を繰り返していた!

吉本新喜劇の役者で、「大阪名物パチパチパンチ」などのギャグで知られる島木譲二(しまきじょうじ)さんが8月16日午前9時6分に脳溢血(のういっけつ)のため入院先の大阪市内の病院で亡くなったことを所属事務所のNSC(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)が発表しました。

島木譲二さんは2011年に体調不良の為に休養し、現在は入退院を繰り返した生活をしていたそうです。

死因となった病名は脳溢血とのことですがどのような病気なのか調べてみました!!

【スポンサードリンク】

【島木譲二 死去!病名の脳溢血とは?】現在は入退院を繰り返していた!

 

%e5%b3%b6%e6%9c%a8%e8%ad%b2%e4%ba%8c

島木譲二(しまきじょうじ)(72)

本名:濱伸二
生年月日:1946年9月13日
出身地:兵庫県尼崎市
血液型:A型
学歴:私立興國商業高等学校(現・興國高等学校)卒業
所属:NSC(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

日本のお笑い芸人

 

島木譲二さんは元プロボクサーで、現役時代には「西日本ミドル級新人王」を獲得したこともあるほどの実力者でした。
芸人になる前はMBS千里丘放送センター(大阪府吹田市、2007年閉鎖)の警備員(守衛)をしており、その時に、知己を得た間寛平の紹介で1980年に吉本新喜劇(NSC)に入団しました。

同年11月に吉本新喜劇で初舞台を踏み、“コワモテ”のルックスから繰り出される「大阪名物パチパチパンチ」や「ポコポコヘッド」などのかわいらしいギャグで人気を博しました。
吉本新喜劇の名物役者と言っても過言ではありません。

 

【スポンサードリンク】

現在は病気のために入退院を繰り返していた?!

 

島木譲二さんは体調不良のため2011年1月より、大阪市内の病院に通院し治療を受けていました。
同年2月にはしばらく休養し自宅で療養に専念することを発表。
その後は入退院を繰り返し、6年前の2010年12月26日のNGKでの吉本新喜劇出演が最後の舞台となりました。

現役当時は元気なキャラだっただけに、早期復活を願ったファンは沢山いたようですが、願いは叶いませんでした。
所属事務所の吉本は、「本日(12月16日)、体調が悪化し、最期は病院で奥さまに看取られました」とコメントしています。

 

死因の病名である脳溢血とは?!

 

島木譲二さんの死因の原因となった病気の病名は脳溢血(のういっけつ)とは、脳卒中のことです。

脳卒中を大きく分けると、脳梗塞(のうこうそく)、脳溢血、くも膜下出血の3つに分かれ、そのうちの1つが脳溢血になります。

脳出血の別名が脳溢血です。
脳で出血が起こった状態のことですが、微妙な違いをあげるなら脳溢血は比較的大きな出血のときに呼ばれます。

脳出血には前兆が無く、突然に発症するものです。
主な原因は高血圧であり、血圧の高い状態が長く続いていると、脳の中にある細い血管壁が少しずつもろくなっていて、脳動脈に小さなコブができていきます。

そのコブが破れて溢れた血液が、神経細胞に障害を与えるために症状が表れます。

脳に張り巡らされている細い血管が高血圧によって負担がかかり続け、破綻することで起こり、出血は脳内に広がります。

 

ネットの声は?!

*まとめ*

 

大阪名物のパチパチパンチや~が名台詞で、強面なのにかわいらしい吉本新喜劇の顔ともいえる存在だった島木譲二さん。
5年前から体調不良で入退院を繰り返す生活をしており、6年前の吉本新喜劇の舞台が最後の出演だったんですね…

ご冥福をお祈り致します。

【スポンサードリンク】

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

    -芸能
    -, , ,