【トレンド速報.COM】

芸能・ニュース・事件・事故・TV番組・趣味・ゲームアプリ・イベント情報・スポーツ・自然災害・海外ニュースまで最新のトレンドニュースをどこよりも速くお届け!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

【平尾誠二さん死去!死因は癌で現在の近況は激やせだった?】ラグビー元日本代表監督

10月20日午前にラグビー日本代表などで不動の司令塔として活躍し、代表監督も務めた神戸製鋼ラグビー部の平尾誠二(ひらおせいじ)さん(53)ゼネラルマネジャー(GM)が死去しました。

平尾誠二さんは現在では、激やせの姿が話題になっていた為、癌ではないか?と病気の病状が噂されていましたが、闘病生活をしていたそうです。

今回は、死去された平尾誠二さんの死因は癌だったのか、激やせした姿が話題となった現在の状況などを調べてみました。

【スポンサードリンク】

【平尾誠二さん死去!死因は癌で現在の近況は激やせだった?】ラグビー元日本代表監督

%e5%b9%b3%e5%b0%be%e8%aa%a0%e4%ba%8c

平尾誠二(ひらおせいじ)(53)

生年月日:1963年1月21日
出身地:京都府京都市南区
学歴:同志社大学

元ラグビー選手で、元日本代表、元日本代表監督。
現在、神戸製鋼コベルコスティーラーズ総監督兼任ゼネラルマネージャーを歴任していた。

 

卓越したプレーと端正な顔立ちからラグビー界を超えた人物となり、ついには“ミスター・ラグビー”とまで呼ばれるようになった。

現役時代のポジションは主にスタンドオフを務めた。
従兄弟である細川隆弘も同じく神戸製鋼のラグビー選手。
日本代表時のキャップは35番だった。

平尾誠二さんは京都・伏見工高3年時に全国大会を制し、同志社大では史上初の全国大学選手権3連覇に貢献し、1986年に神戸製鋼所に入社しました。

神戸製鋼では、3年目からチームを日本選手権7連覇に導き、ラグビー人気を支えた立役者として活躍し、日本代表としても87、91、95年のワールドカップ(W杯)に3大会連続出場。
91年時は主将を務め、日本のW杯初勝利に貢献しました。

現役引退後は、97年から2000年まで日本代表監督を務め、1999年のW杯に出場。
神戸製鋼では、総監督やGMとしてチーム強化に力を尽くしました。

また、2019年のW杯日本大会に向け、組織委員会の理事と事務総長特別補佐を務め、大会情報の発信や神戸市など開催都市への助言をしていました。

 

【スポンサードリンク】

激やせの原因は癌?現在の近況は?!

 

現役時代の平尾誠二さんは、ラグビーで鍛えられたガッシリした体型だったのですが、近年では激やせした姿が痛々しく、『病気で闘病中なのでは?!』『癌ではないか?!』とネット上で話題になっていました。

ゼネラルマネージャーとして献身的にラグビーの試合に足を運ぶ姿があったが、最近ではその姿も試合会場では見なくなり、それが余計に平尾誠二さんの病気説、癌説が取り沙汰されていました。

 

%e5%b9%b3%e5%b0%be%e8%aa%a0%e4%ba%8c1

 

今年の4月5日、大阪リーガロイヤルホテルで、中小企業の経営者を中心とした240人近い聴衆を前に講演をした際には、さらに痩せ細っていたそうです。

 

今回の平尾誠二さんの死因は明らかにされていませんが、現在の近況として闘病生活を送っていたことは発表されています。

なので、癌を患っていた可能性も十分に考えられますね…

 

*まとめ*

 

昨今のラグビー人気…そして2019年W杯が日本で開催…
平尾誠二さんは日本ラグビー人気を支え続けた功労者と言える方でしょう…

人生をラグビーに捧げたと言っても過言ではないかもしれません。

平尾誠二さんのご冥福を心よりお祈り致します。

【スポンサードリンク】

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

    -スポーツ, 芸能
    -, , , , , , , , ,