【トレンド速報.COM】

芸能・ニュース・事件・事故・TV番組・趣味・ゲームアプリ・イベント情報・スポーツ・自然災害・海外ニュースまで最新のトレンドニュースをどこよりも速くお届け!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

北島三郎が頸椎症性脊髄症で入院!脊髄に影響し神経症状を引き起こす恐れも?!

演歌歌手のドンである北島三郎(きたじまさぶろう)さん(79)が、頸椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)の治療の為に入院していることが分かかりました。

頸椎症性脊髄症は、脊髄に影響を及ぼしさまざまな神経症状を引き起こすことがあり、北島三郎さんの今後の公演活動に影響が出る恐れもあります!!

【スポンサードリンク】

北島三郎が頸椎症性脊髄症で入院!脊髄に影響し神経症状を引き起こす恐れも?!

 

%e5%8c%97%e5%b3%b6%e4%b8%89%e9%83%8e

北島三郎(きたじまさぶろう)(79)

生年月日:1936年10月4日
出身地:北海道
血液型:O型
星座:てんびん座

演歌歌手、俳優、作詞家、作曲家、馬主

事の発端は、今年の8月下旬に北島三郎さんは都内の自宅で転倒したことが始まりのようです。
病院で診察をしたところ頸椎症性脊髄症と診断されたということです。

今月9月8日~11日に行われた福岡公演には出演したそうですが、容態が思わしくなかったのか、現在は都内の病院に入院しており、加療中であるとのことです。

9月23日には、「芸道55周年 北島三郎コンサート2016 ~ありがとう~」のタイトルで、岩手県民会館大ホールで公演を行う予定だったようですが、。来年2月24日に順延されることが決まりました。

 

【スポンサードリンク】

北島三郎さんが患う頚椎症性脊髄症とは?!

 

北島三郎さんは現在79歳…北島三郎さんに限らず人間は年齢を重ねると、頚椎にはさまざまな変化が起こるそうです。
その変化自体は誰にでも起こり得ることで、特に病気ではないといいます。
しかし、頚椎が変化していくと、その近くを通る脊髄に影響を及ぼしさまざまな神経症状を引き起こすことがあるそうです。
それを「頚椎症性脊髄症」といいます。

その中で頚椎が変形することを「頚椎症」または「変形性頚椎症」と言い、頚椎症は変形性脊椎症のひとつです。
変形性脊椎症は病気ではなく、加齢性の変化になります。それが脊髄を圧迫すると、頚椎症性脊髄症といわれます。

 

頚椎症性脊髄症の症状は?!

 

頚椎症性脊髄症の症状は脊髄の圧迫によって起こる神経の症状です。
そのため、以下の例のような症状が主に現れることがあります。

・感覚神経の症状…手足のしびれ・痛みなど
・運動神経の症状…手を細かく動かせなくなる、つまずきやすくなる
・自律神経の症状…膀胱直腸障害(尿や便が出にくくなる)

 

上記の症状は、ゆっくりと少しずつ進んでいくそうですが、その中でも比較的急速に症状が進行するケースがあるそうで、数週間程度で歩けなくなることもあり、症状が軽いから…と油断は禁物のようです。

また、気づきやすい初期症状としては、しびれや歩きづらさが挙げられるようです。

また、今の時点で分かっている頚椎症性脊髄症の予防法は無く、まだまだ解明が必要な病気であると言えます。

 

ネットの声は?!

*まとめ*

 

まだまだ現役で活動されている、北島三郎さん…

しかしもう79歳という高齢です。

頸椎症性脊髄症と言う病気は後に後遺症が残る恐れがある怖い病気でもあります。

今は無理せず、休養をしてまた元気な姿で歌い続けていただきたいですね…

【スポンサードリンク】

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

    -芸能
    -